読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

自己言及器官

プログラマーワナビー

虐殺器官/伊藤計劃

虐殺器官 (ハヤカワ文庫JA)

虐殺器官 (ハヤカワ文庫JA)

ドミノ・ピザが不変性を獲得している世界から、ぐるぐる変わる世界を語ることはとても難しい。 (Kindle版 ページNo.454より)

なんど読んでも何かしら新しい発見があるように感じる、タイトルだけ見るとグロかつ硬い小説のように見えるが 内容としてはメタルギアソリッド古今東西のいろいろな作品(主にモンティ・パイソンや古典文学、KONAMIのゲーム)のパロディやオリジナル要素を足した感じで、 カフカハルヒを同列に語ってしまうのが伊藤計劃の作品の魅力でもある。

しかしこの作品の提起するテーマはそれに留まらない、世界各地でテロが頻発するのは何故か? 人々を監視する高度セキュリティ社会はテロを防ぐのか? 世界各地で虐殺を引き起こすジョン・ポールを追った末、主人公はプロローグで何を決断するのか? 危機に陥った人類はどんな結末を迎えるのか?(これは続編のハーモニーの内容になる) といったことから感じ取ってほしい。

SFというのは社会とテクノロジーのダイナミクスを扱う唯一の小説ジャンル伊藤計劃は言った、是非その醍醐味をこの作品で楽しんでみてほしい。(ただグロ耐性がない場合オススメしない)
Copyright (C) 2014 tSU-RooT. Unless otherwise noted, the text of this page is licensed under a "Creative Commons Attribution 4.0 International License"

このブログの記事は必要である範囲で他の著作物を引用していることがあります。また指摘・修正を受け付けます